日々の想い

伝えること

環展、最終日
この暑さと、このご時世ですが

ご多忙のなか
ご来場いただきました、たくさんの方々に
心より感謝申し上げます

そして
Panみちゅさんのお二人による
ぎゃらりーコンサート♪でした

このコンサートが
とても良かったので
感じたことを、ここに。

終わったとき
みなさんが口をそろえて
「良かったねー」
「今までで一番よかった」

「しまださん、お世話になりました」と。
環展メンバーに何度も言われ

私はたまたまお知り合いだったので
ご紹介したまでですが

あー、良かったなぁと
私のせいではないけど
得した気分に^^

このご時世なので
いつものギャラリーコンサートとは
ひと味ちがいました

出演者の思い
お客様の思い

会場が一体となりました

パンフルートと歌の今井勉さん
あんなにトークがはずむ方とは 笑

電子ピアノとピアニカの武藤美鶴さん
今井さんとの絶妙な音楽ペア、コンビ。

演奏のあいだ
曲の雰囲気もあいまって
お二人の上には
透明でさわやかな風が
ずっと吹いていたよう

今井さんの
ご自身の体験からの気づき
被災された地域への思い
天国のご家族への思い

心からの音、歌声だった

そして
会場のみなさんの
大切なかたへの思い

たくさんが重なって
ひとつになった

温かかった

今井さんが
想いをたくさん話してくださったので
こちらに、とてもよく伝わった

トークがなかったら
ふつうのコンサートだっただろう

最近よくおもうけど
言わないと
伝わりませんね!^^

相手の心が伝わって
こちらに気づきができて
さらに思いがつよくなる

私のおとなりの方
時間待ちのあいだ
ずっと泣いてらっしゃいました

どなたへだろうか
大切なかたへの思い(と思う)

思いは美しいと思った

私も もっと泣きたかったけど
このあと人前に出るとおもうと
かなりこらえてしまいました・・

もうひとつ

このコンサートは
故・曽我英丘先生の大きな書の前での演奏

環展メンバーの作品群の中で
曽我先生へのオマージュ

寂しさと
先生への大きな感謝

確実に
心に残る
追悼コンサートとなった

そして

Panみちゅのおふたり
演奏がおわっても
しばらくは会場に

宣伝もあるけど

みなさんと話せる時間をつくって
お客様の思いをうけとめてくださった

今井さん、本当は
大切なお母さまの法事の日
すぐ帰りたかったでしょうに

すばらしい演奏と
まっすぐな思いを届けてくださった
Panみちゅさん

本当にありがとうございました!