日々の想い

過去の初告白エピソード,優しさの理由

ふと思い出しました
 
あれは
わたしが小学生か中学生の頃
母に注意したんです

「おじいちゃんに
そんな言い方したらキツいよ」

だって
母が祖父(母の父親)への
一言二言が
私にはとてもきつく感じて
ドキッとしたから
  
無神経に言い放つようだった
そこには母の兄夫婦と、祖母がいた
 
そんな言われようの
いつも優しい祖父が
かわいそうだったし
傷ついたと瞬時に思った

その時母が何て言ったか
あまり記憶にないんですけど

「そうかなぁ
あんたは優しいね」

みたいなことを言ったかも
 
だからでもないけど
母や、親戚の大人たちは
「恭子ちゃんは優しい」
と言われてきた。
 
・ 
 
逆に20代?までは
辛辣な言葉もたっくさん!ね
いただきました^^;

今でも、時々。

それは、
「あんたはおとなしいし
ぼーっとしてるし!
恭子が運転する車には乗りたくないし
働いている病院にも行きたくない」
と、親戚からからかわれたり
本気?で言われ続けた
いま思い出しても書いていても
涙がでます

親からも、口癖のように
事あるごとに注意され続けて育った

今でも字を書いていると
「もっと丁寧に書きなさい」だって 笑
 
丁寧に書いてるし!
もういい年なのに笑っちゃうよね
 
親っていうのは
いつまでたっても
愛を持った親なんですね
 
脱線しましたが

おとなしいから
何も考えていなかったわけではなく

わからなかっただけ
言い方を知らなかっただけ
口答えしたらまた繰り返すし。

だから
傷つくのが怖いから
嫌われたくないから

常に人の目を気にして
生きるようになったのかな

だから
物事に完璧を求めるようになった
完璧なんて一生ないのに!

何が完璧かもわからないのに
考えて、あがいて。
 
今となってはわかる^^
すべてが正解なんだって。

だから
弱者がどんな風に扱われるのか
どんな気持ちなのかがよくわかる

気づかないことも
たっくさんあるけどね。
  
だから、
私は優しいと言われるのかな。

でもこれは
ただ、相手をちやほやしているのとは
違います^^

相手に寄り添うことができる
ということなのかな

そして、
相手の先に
ハッピーな未来を見ることができる^^

ステキな方々のご縁にも恵まれ
最近
すこーし
色んなことがわかってきて

肩の力が抜けてきて

自然体で
物事が見れるようになってきたかも

忙しさに振り回されて
まぁだ、まぁだだけど!

あのことがあったから今がある
良いも悪いも
表裏一体

裏を返せば短所も長所

長所も短所になるんですね^^

今となっては
「嶋田さんは命の恩人」の言葉を
何人もの患者さまが言ってくださるし

「嶋田さんに癒された」とも
たくさんの方々が。
 
もう少し
自信もっていいのかな。

こうやって
自分探しをして
自分を知る

そうすると丸ごと自分を受け入れられて
自分のことを認めることができる
良いも悪いもないんですよね^^

こんなトラウマが
腑に落ちると
自分が意識して
変えることができるんですね。

そう、
自分は変わることができるし
変えることができるんですよ〜〜^^
絶対に。
  
 
とっても痛いし
時間はかかりますけどね^^
 
 
この告白が
必要とする
誰かの心に届きますように
 
最後まで読んでくださり
ありがとうございました!^^

 
「自由な絵で自由になる」絵画教教室は
通年を通して岡山市内にて開催しております。
お知らせご希望の方はニュースレターにご登録ください^^

ニュースレター登録フォーム