旅の思い出

イタリアスケッチから帰国 旅とは

【イタリアスケッチから帰国】【旅とは】
【これから何を選ぶか】

帰国して5日目

まだ頭にくっきりあるのは

あの明るい太陽や

行けども行けども
何時間も
途切れることのないオリーブ畑

食事にかならず出てきた
数々のチーズや生ハム

朝食のビュッフェで
ふんだんに盛られた
フルーツ

すもも、キウイ、
粒が不揃いなマスカットに似た半透明なぶどう、
洋ナシ、小さなりんご、等

ワインの豊かさ
シャンパン
グラッパ

道ばたで売られていた
ざくろ、クルミ、くり

軒先でスケッチしてたら
一緒に家の中でコーヒーや飲み物はどうかと
しきりに誘ってくれたお母さん
(わからないけど、たぶんそう聞こえた^^)

港でのスケッチでは
舟の数が違うけど
とてもいいよ!と
言ってくれた
ひょうきんな地元のおじさん
(たぶんそう聞こえた^^)

スケッチ中おなかがすいて
思いきって入ったお肉屋さんで
言葉がつうじないなか
サンドイッチ作る注文を
一生懸命手伝ってくれた
イタリア人家族のお父さん

チャイルドカーを押してきた3人家族のママさん
この娘が絵が好きなの!
がんばって!^^

年配のご夫婦の奥さま
わたしも絵が好きよ!

いつも何の画材で描いてるの?
書ききれないけど

いったい何人の人や家族と
会話したか!
みんな笑顔だった^^

思いやりの深さを感じた
温かかった

ちなみに
他のメンバーさんに聴くと
そんなに声は掛けられなかったけど?
と。

よく考えると
わたしは

村ですれ違う人たちほとんどに
「ボンジョルノ!^^」
とあいさつしていたからかな^^

ここに来て
描かせてもらってます、と
感謝をこめて

帰国すると
関西国際空港では
係員がトランクをきれいに並べて
受け取りやすくしてくれ

新幹線ホームでは
「確認ヨシ!」 「確認了解!」
と大きなアナウンスのやりとり

スーパーでは
トマトも柿も色ごとに整列され

ある淋しい違和感をおぼえた

ここは日本
文化の違いを
ひしとあじわう。

旅は

行く先々で
解放され
いい思いもするが

苦い思いも
思いも寄らなかった!
ハプニングも
もちろんある

旅は

自分で
感じたこと
気づいたこと
受け入れたこと
違和感を認めたこと

すべてが
ぜーんぶひっくるめて

自分を豊かにしてくれるのだなぁ

そして

これから

何を求めて
何を手放すのか

自分がきめる

そうしたら

わたしも
ひとつ
成長するかしらね^^